たけ氏の株日記

株式投資と日々思うことの日記〜目指せ1億円〜

6/22本日も売買なし、オルトプラスが荒い動き

オルトプラスか180円台まで上がり、その後1600円台まで下落しました。

こういう値動きを見ると不安から売却したくなりますね(^_^;)

しかしゆゆゆい100万DLを達成し、黒字転換の可能性が高まったため、決算までに更に上がるのではないかと考えています。

とは言え、どの程度まで上がるかというのも考えていかなくては、とも思います。

売り時も考えておかないとピークを見逃す恐れもあります。

 

さて、トレードは本質的な価値と株価のギャップが是正される中で起きる値動きを取るのが一つのやり方だと考えています。

例えば、ゲーセクでアプリのリリースがあるという状況で、

①(これまでに実績があるゲームで)これまでの利用者数から利益計算→株価の伸びを予想

②事前登録者数やDL数から利益計算→株価の伸びを予想

③セルランキングから株価の伸びを予想

四季報で業績を見てから株価の伸びを予想

の4パターンの人がいたとします。

番号の小さい人ほど先行者利益とリスクがあると考えます。

反対に番号の大きい人ほどリスクは低いですが、利益もすくないと思います。

ゲーセクに関して言えば、③のセルランキングを参考にする人が多数な印象です。

その為①②の時点で自分なりに考えて先に買うことがが自然にできる人は利益を得やすいと思います。

しかし見通しそのものについては、材料の中身から株価やチャートの動き、その確度をイメージできることが重要で、予測が正確なほどリスクに対しても対応しやすく、損失を回避しやすいと思います。

ある程度の根拠を持ってできるだけ早く買うという点では、自分で考えて可能な限り早い時点で買っておく、というのはトレードする上で一つの武器になる気がします。

 

また、あるゲームアプリのセルランキングが下がったとして、②の時点でこれくらいの利益は確実と考える人と③のセルランキングを見て判断する人では反応が変わるのではないでしょうか。

③の人はセルランキングが下がったので売るし、②の人はセルランキングが下がっても割安と思えば買うはずです。

②の人が安く売った株を買い、今度セルランキングが上がると③の人が期待からまた買い出すので、利益が上積みされていく形となるイメージです。もちろん実際にはリスクとして③の人が正しく②の人が間違っているケースもあります。

 

 ポイントは「株が上がりそう」を市場参加者の多数がどこで判断しているか、また多数側の判断より先に判断するための基準や技術を持っているか、かつその基準や技術が正確か、が大切ではないかと思います。

 

この判断するタイミングの感覚は短期でもおそらく有効で、ある銘柄で急騰が始まってから何も考えずに買った人と、根拠を考えてから買った人ではタイムラグが生じ、何も考えずに買った人のほうが儲かる可能性は高いと思います。

ただし、短期的には儲かってもその後の利益見通しなどがなければ結果的には損してしまう可能性も大いにあります。

 

上記の判断タイミングという点から言えば、多くの人は僕も含めて利益が目に見えないとなかなか行動できない場合も多いと思います。

しかし中長期のトレードの場合、ビジネスモデルや経営者などからその後の企業の成長を予測でき、かつ正確性が高いなら、利益が目に見えてから株を買う人より利益を得られる可能性は高まるのではないかと考えています。

 

多くの人は業績や株価の動きを見て売買しますが、実際に業績を作るのは人でありビジネスであり、そのビジネスを利用や購入する人のシェアです。

ビジネスやシェアを理解し、早いタイミングで保有することで損失を回避し、先行者利益も大きくすることができるのではないでしょうか。

 

できるだけ早い段階で材料やビジネスモデルなどから、比較的確実性のある予測を立てるための基準とスキルを持つこと。

またフィードバックして、その基準とスキルを更新し精度を上げていくこと。

自分はまだまだですが、数カ月のトレードをするにあたり獲得していきたいスキルです。

勉強していきたいと思います。

 

本日の決済

なし

 

6/21売買なし

本日も売買なし。

現在保有している銘柄は数ヶ月単位で考えているので、おそらくしばらくは売買は無いと思います。

 アエリアは6000円台に定着、サイバーステップも5000円台は固そうです。

となると、買うタイミングが難しいですね。

個人的にはアエリアは四季報予想の倍以上の純利益はありそうな感じですし、セルランキング上位が当たり前となりつつある今、大幅な調整も見込めないところ。

 

サイバーステップはトレバがかなり好調ですが、四季報予想はこれも控えめ。

トレバの売上だけでも台の増加や海外サービス開始なども考えると、四季報予想の純利益は超えてくると思います。

そこにゲットアンプドのリリースが重なると株価は跳ね上がりそう。

ゲットアンプドシリーズは世界全体、累計で延べ3000万人のプレイヤーがいると言われています。また韓国では1億もの賞金がかかった大会も開かれているようです。

仮に上記のプレイヤーの10分の1の人がアプリをDLしたら300万DL、その利益は莫大だと思います。

ちなみに個人的に現在6/21の株価が適正であるための利益水準として、10億程度の利益があると固いと考えています。

トレバの利益だけでその半分はクリアするとは思います。

ここ最近で2500円前後から5000円の2倍になりましたが、その点では2500円台は安全域が非常に大きい買い場だったと思います。

一瞬買おうかと思いましたが、逃したのは実力不足ですね(^_^;)

 直近の株価だと3400円台まで下がればかなり安心して買えそうなのですが、現在の勢いでは難しいかもしれません。

何かの理由で急落すれば可能性はありますが、2017年にリリースと言われているゲットアンプド思惑があるため、急落以上に急騰のほうが可能性がありそうです。特に事前予約者のIRが出ると人気に火がつきそうです。

現在も押し目らしい押し目なく上昇しているのですが、押し目を待つか、待てなそうであれば保ち合いのタイミングでエイヤッと買うしかないかもしれません。

もう資金はないのですが(^_^;)

 

ちなみにジャンピングキャッチしたピクセラ、シンバイオ製薬はまだ持っています。

シンバイオ製薬は買値まで帰ってきました(笑)

 

本日の決済

なし 

6/20オルトプラスがストップ高

オルトプラスがゆゆゆい思惑のストップ高で達成した1700円台に早くも復帰です。

 

昨日ゆゆゆいのDL数が100万DLを超えて、個人的な見通しも明るくなり、黒字転換期待が持てそうなところに謎の一時ストップ高

 

100万DLではなく、ブロックチェーン関連のプロジェクトで開発パートナーに入っていた思惑によるもののようです。

 

こうなると扱いが急に難しくなる印象です。

しばらく持つ、と決めたのですがブロックチェーン関連の銘柄は非常に旬です。

リミックスポイントが良い例ですが、旬な銘柄は思惑で一喜一憂があるため株価の振れ幅も大きくなりそうで、心臓に悪そうですね。

思惑のストップ高なので、明日は一旦下がりそうな気もしますし。

 

ウェーブロックも上げたため、含み益が伸びありがたいことです。

 

ところでトレードの期間を決めるということは非常に大切な気がします。

例えばデイや短期のスイングだと、損切りはできるだけ早い方がいいと思います。

 

損切りのタイミングを間違えると損が膨らみ、しかも資金が拘束されるからです。短期での資金拘束は非常に痛手です。

例えば、上がる確率が非常に高いと思える銘柄を見つけても、資金が拘束されていては買うことができません。

 

僕の感覚では、デイや短期スイングでは10%〜20%が上手くいったの基準で銘柄やタイミングがすごく噛み合って2倍もあるか、というのが利幅の基準になるのではないかという感じがします。

短期の値動きだと上昇より下落のほうが基本的にスピードが早いです。また、短期に限らず値動きはそんな印象ですが。

その為損切りが遅れると取り返すのにも非常に苦労します。

僕にとってのピクセラやエニッシュがそうでした。損切りのタイミングを先延ばししてしまい、資金拘束が辛くてエニッシュはほぼ底で投げてしまいました。

資金拘束とスピードの早い下落を回避するために素早い損切りが必要だと考えています。

実際にこの通りに行動するにはまだまだ練習がいるのですが。

 

一方で同じ基準の損切りを長期投資に適用すると損切り→買い直し、値動きによっては高値になってしまい買うタイミングがつかめない、といったことがあります。

僕の場合、現在保有していますがオルトプラスがこれに当たります。

短期の感覚で損切りラインを設定していたため、2回損切って買い直しをしています。手数料も含めて売買のときの差額で損していますし、平均単価も株価にして100円ほど上がってしまっています。

上記の無駄な売買での損失を回避する意味では、よく聞きますが「買いの前提(理由)が崩れたら損切り」が良いのだと思います。

僕の場合、買いの前提が業績ということが多いので、自分の見通しから大きく不振になった場合は損切りになる形です。

同時に買いの理由に加えてどれだけの期間保有するのかも見通しを持っておいた方が良い気がします。

もちろん、自分なりの情報集めと情報から考える自分の業績見通しがないとある程度長い期間では、怖くて保有しておけません。

特に僕の場合は(^_^;)

 

どちらにしてもまだまだ知識も経験も足りないので精進したいと思います。

 

本日の決済

なし

6/19ウェーブロック追加

本日も日中はほとんど何もせずでした。

オルトプラスで数ヶ月単位で見通しにしたがってホールドと決めると資金の関係で他の銘柄を購入する資金があまりありません。

その為、日中の動きとしてはあまり何もすることがない状態です。

 

それでも引け間際にウェーブロックを追加。

チャート的にはボリンジャーバンドの1σに沿って動いている印象で、売りのほうが多い形ですが安値を切り上げていること、業績を見たときに個人的に考える適正価格よりも割安というのが購入の理由です。

ただしこの買い理由の場合は、2~3ヶ月単位で見ないと安値で手放すことも往々にしてあります。

忘れた頃に急騰するんですよね……。

実際にこの数ヶ月で思いつくだけでも2、3銘柄は安値で手放してしまっています。

悲しいことにそのうち一回はまだ900円台のときのウェーブロックでした。

 

 

小さく試しに買ってみたシンバイオ製薬が購入価格より上げてきて含み損が解消しました。

しばらくは塩漬けだと思っていたのですが、ピクセラは塩漬け決定です。

このあたりは自分の実力不足で損切りタイミングをこの辺りと思いながらも、また上がるかも……と引き伸ばしての現状なので教訓の意味も含めて損益に載るようにします。

まだまだ精進が必要です。

 

本日の決済

なし

6/15.16売買なし

木曜日以降は売買はありませんでした。

 

保有はオルトプラスがメイン。

これに関しては少なくとも数ヶ月単位でのトレードと考えています。

ゆゆゆいがすごく大きなヒット、例えばリベル・アエリアのようなヒットになるとは考えていませんが、売上の見通しは十分良いと思います。

ゆゆゆいが100万DL達成するのかは気になるところですが、ツイッターなどではアークザラッド思惑もあるとのことです。

アークザラッドについては家庭用ゲーム機で大ヒットした作品ですが、現在の20代に対しては訴求性はあまり無いようにも感じます。

一方である程度お金が自由になる30〜40代は懐かしさも含めてのDLが期待できそうに思います。

ゲームやアプリのメディアを発信するのは30~40台が多そうで、その点では拡散→新しいファン層の獲得となれば1つの理想型かもしれません。 

 

16日に四季報が発売され、現在目を通しているところです。

アエリアなどの旬な銘柄に関しては、ツイッターなどの方が情報がタイムリーな気がします。

その為、四季報発売→確認の時点では株価がいわゆる「織り込まれた」状態なのかな、と。

もちろん四季報で初めて知る場合もあるので、アエリアの場合、株価は上昇傾向になるとは思いますが、インパクトは小さいのではないかという印象です。

サイバーステップ四季報予想と会社予想が乖離しています。

四季報の方が会社予想より控えめの数字のため、どんな反応になるか週明けの相場が気になるところです。

どちらが正しいなどはわかりませんが、動きの早い業界は、四季報に記載されるまでのタイムラグで状況が変わることも多々ありそうです。

 

その点では比較的注目の集まっていない、かつ業績が良い銘柄や、動きのゆっくりした銘柄からトレードのアイデアを得るのが個人的には良いのかなとも思います。

 

普段から相場を見ていると、四季報の数字をチェックしていても、この銘柄は以前に見たことがあると言う事も多いですね。

そんな銘柄を見つけたときは親近感がわきます。

 

四季報をざっと見るだけでも、この業界は伸びてるなと感じたり、普段から見ていた銘柄を改めて確認したりできます。

毎年毎号全銘柄をチェックしていたら、面白い相場感覚を得られそうな気がします。

 

全部を詳細に読み込むのは時間的に厳しいので、ざっとチェックする形にはなりそうですが。

 

15日、16日の決済

なし

 

6/14冴えない動き

オルトプラスが逆指値にかかってしまいました。そして高値で買い直し。

先日も書きましたが、短期であれば一昨日に売るべきでしたし、長期であれば逆指値は浅すぎでした。

よく言われることですが、出口戦略ができていないとこういう失敗をしてしまいます。

実際、値幅で言えばこの時点で500円ほど取り逃しています。実力不足です。

オルトプラスは決算までには上げてくると思っていますが、何ヶ月か先のこと。その間に資金を活用したいなら短期でトレードを終える必要があります。

長期でも持っていたいし、短期でも儲けたい、なので回転させるというやり方はかなり熟練がいると思います。まだ自分にはスキルが足りないようです。

さらに言えば短期で攻めるには、専業でない限りは細かな値動きを把握できないので、僕の場合はなかなか自信を持って取引できません。。

一方で長期投資は自分の考える銘柄の業績と株価のギャップを取るやり方だと思うので、忍耐力がかなり必要だと思います。

環境的には中長期の方が良いとは思いますが、気質的にはなかなか難しいですね(笑)

 

加えて、試しで買ったピクセラとシンバイオ製薬は下落しまま動かず。

比率としては少ないながらも含み損は精神的によくありません。

 

6月は現時点で資産が減ってしまっているので、気持ちを切り替えていきたいです。

 

ここ数日はゲームセクターから資金が抜けている印象です。バイオ関連やブロックチェーン関連に資金が行っているという話もありますが、資金の循環についていくのも、1つの投資スタイルとして熟練がいると思います。

 

アエリアは相場的に6000円台が定着したような印象。買いたいと思っている5000円台前半までも落ちてこないかもしれません。あと少しで分割ですし。

 

サイバーステップ押し目といった感じですが、個人的にはもう少し下がってもらえると比較的自信を持って買えそうです。

 

今月は僕自身が冴えず、今年に入って初めてのマイナス月になる可能性もあるので、月の残り半分は自分のルールに従うこと一点を重視して取引に望みたいと思います。

 

本日の決済

オルトプラス+8

6/13保有株軟調

ピクセラ・シンバイオ製薬は寄りから冴えない動きでしたが、下落しました。

ピクセラはストップ安ですね。

オルトプラスも大幅な下落。

自分の中では昨日の上げで売っておくべきところでしたが、IRを期待して売れませんでした。

自分ルールという点では、ピクセラもシンバイオ製薬も寄りの段階で売るべきだったのですが……。

急騰銘柄を持つと変な余裕が出て、自分ルールを軽視してしまう傾向があるようです。

自分ルールを守れないのは、本当に力が足りないからですね。修正していきます。

 

オルトプラスは株価的には買い増しをしたいところですが、指値が低すぎたようです買えませんでした。

次に急騰があるとすれば、100万DLを超えた時でしょうか。

平均的にはどの程度の日数で達成するのか不勉強なので気になるところです。

アエリア・リベルのA3を基準にするのは無理がありそうですし……。

買いたい価格まで下がらなくても明日以降持ち合いになるようなら買い増していきたいところです。

 

一方で24時間で40万DLの勢いが、事前登録した人=コアなファンのみ→いきなりDL数の頭打ちだった場合は一旦売りを考えます。

長期的には上がる可能性があると思いますが。

 

アエリアはかなり上がりました。

分割までに買いたいところですが、買い場は来るでしょうか。

セルランキングも上位で安定しているので、少々の高値でも妥協しないと買えないような気がします。

 

他に気になっているのはウェーブロックとマイネットです。

ウェーブロックは業績が伸びており、株価も現在の業績に対しては適性価格で、来季の業績予想に対しては割安のように感じます。

 一方で東証二部であり、業種としてもそれほど人気を感じるわけでなく、現在は株価が盛り上がらないような気もします。

前期の決算発表があってから割安なのが見直されるまでの上昇は急騰気味に上がりましたが、その後は探っている感じですね。

感覚的に半年後くらいには今の1.5倍前後まで株価は上がりそうですが、それも第一四半期の業績を確認してからという気もします。

仮に株を買ったとしていつまで待てるかが自分としてのポイントになりそうです。

早い段階で売ってしまったので、ずっと持っておけばよかったと思っています(笑)

 

マイネットについては、業績に対して現在の株価はやや割高感もなくはない気もしますが、変動の範囲内かと思います。

若干、来季の業績予想も織り込んでいる部分もある気もします。

ここ最近の株価が冴えないのは、第一四半期の短信の影響でしょうか。

四季報予想を見たときに第一四半期の業績を4倍しただけでは全く足りません。

マイネットとしては買収や協業などが多い業種のため予想ができないとして、通期予想は出していません。

ビジネスとしては一発大きく当てるような派手なものではなく、地味な印象ながらも時代を先どっている感じはしますし、堅実な印象もありますが。

しかし、ユーザー数が減少傾向のアプリ運営というイマイチな見た目と会社の通期予想がないため、見通しが持ちにくい事から株を買いたいという気持ちは削がれてしまうようにも思います。

マイネットが急騰する場面があるとしたら、サプライズ的に決算の数字が良くなるなど短信がきっかけになりそうな気がします。

となると次は8月ですね。

個人的には今の株価から15〜20%ほど下げたら意識していきたい銘柄です。

 

といろいろ書いていますが、妄想に過ぎないので株の売買は自己責任でお願いします。

目下の課題は今日書いた修正内容と自分の直感と妄想を信じる力です。

色々やりながら成長していきたいと思います。

 

 

本日の決済

なし