読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけ氏の株日記

株式投資と日々思うことの日記〜目指せ1億円〜

5/10アエリア急落

一日の振り返り

 

決算持ち越しを決めていたアエリアが急落しました。

ポートフォリオ全体としてはプラスにはなっているものの、含み損としては大きい状況。

短期で取るのか中期で取るのかによって違いますが、売り時というのは思った以上に大切でした。

短期であっても中期であっても売るタイミング次第で金額にして数万程度はすぐに違ってきます。

 

安く買って高く売るのが株トレードのコツと言うなら、下落が止まったときに買い、上がっているときに売るのがコツということになるのですが。

上がっていてみんなが買っているから、と買ってしまい、下落が始まるとこれ以上下がったらどうしようと損切り。時には損切りできずに塩漬けに。

高値で買って安値で売る。

この衝動はかなり強いように思います。

 

少なくとも僕の場合は下がっているとき以上に、上がっているときの規律や自分の中でのルールが定まっていないように感じました。

値上がりしているときも、値上がりの動きが感じられるときと値上がりが停滞している時があるので、停滞を感じた初期で売っていきたいと思います。

売る難しさはもっと上がるのではないかという、勝手な予想というか希望ですね。

まずはここをクリアしていきます。

 

材料で上がった場合、業績が実際に伴わない状態であれば材料一つにつき1日から2週間程度が賞味期限な気がします。

 

・売り買いのメモ

底を確認して買い

ボラティリティ出来高の少ないチャートが続いた後、上方修正などの業績関連の材料で上げで買い。

 

値動きの勢いが止まったら売り

チャートで天井サインを確認したら売り

 

アエリアの急落で買値にこだわらず、今の株価で買いたいかどうか、という視点も判断する上では大切だと思いました!

 

精進します!

 

 

本日の決済

アップル+6

5/9含み損

一日の振り返り

昨日の反省から自然に逆指値をほぼすべての銘柄に。

スイングの取引では僕の場合、場中の値動きに翻弄されるので逆指値で株価をあまり見ないほうが落ち着いてトレードできる気がします。 

機能の失敗で気持ちの落ち込みはあるにしても、感情で取引すると自分の場合良いことがないのは経験している最中です。

今日はアップルのポジションを半分に減らして待機。

とは言えほぼすべての銘柄が含み損です。

こんな日はすべて投げたくなります。

デイトレなら損きって終了ですが、スイングの場合は揺り戻しがあるので含み損の日がどうしても出てきます。

このパターンになったときは損切りの考え方やタイミングが難しいです。

それぞれの銘柄も下の節目まで一気に行かずじわじわ下げてまた上げてという展開で判断に困ります。

 

ムダに考えすぎてしまうのが良くないところ。

行動をもっと早くしていきたいです!

 

本日の決済

アップル+6

上がった株の誘惑について

僕も初心者ですが株取引を始めて間もないほど、「上がった株」を買いたい誘惑が強いのではないかと思います。

上がり始めた時点だとまだ不安で、上がっている途中にもまだ様子を見ないと、と考えて、ある期間内の天井に近づいたときに、これだけ上がり続けるならこれからも上がるだろうと考えて株を買う。

上がり始めた株だったり、上がっている途中の株なら良いんですが、上った後のタイミングだと下がるしかない感じがあります。

昨日もやってしまいましたが、よくある失敗パターンではないでしょうか。

僕はスイングトレードですが、銘柄選びの話は横において、タイミングの話だけで言えば上がり始めの早い段階でエイヤッと買った株は利益が出ていますが、一回でも様子見を、と考えてから買った株は失敗することが多いです。

結果的に天井買いの底値売になってしまいます。

株の値動きは節目から節目に動くことが多いと思いますが、大丈夫と思った瞬間では上の節目に来てしまっていて、材料などがない限りは節目を超える確率はすごく低い。

エイヤっと買ったタイミングは下の節目から上の節目まで株価が動いている比較的初期の段階であることが多いので、上の節目まで動く過程で利益になるかと。

 

しかし、こういう誘惑は少し利益が出たタイミングが危険です。

反対に考えると、上がった株を見て自分も買わないと乗り遅れるという誘惑を避けるだけで利益率がかなり改善するのではないかと感じます。

 

 

5/8GW明け ぷらっと敗戦

一日の振り返り

 

本日は1日相場に向き合える一日でしたが……。

持ち越しのアエリア、ぷらっとは下落。

アップル、クロスマーケティングは上昇。

ぷらっとは寄りで損切れず、ダメージが大きかったです。その後まさかの材料が出て一気にプラスに。場中の材料は読めないのですが、もう少し放置しても良かったかとタラレバです。

あとから買う人が増えるかと思って再度買いましたが、これもマイナスに。

完全にタイミングを間違えてしまいました。

まだ底が読めないので何とも言えませんが、下げ止まったら買いだと思っています。

 

アエリアは、朝が1番低くじわじわと上がってきました。

 

アップルは大きく上昇したものの寄り天。もう少し上がると思ったのですがじわじわ下落。

ボラティリティが少ない→材料で急騰のチャートパターンでは経験上、上がる可能性が高かったので保有していましたが、買ったか価格にかなり近づいてきました。

明日、上がれば保有ですが気配値次第では売るかもしれません。

そう考えると寄りで一旦売り、引けで買い戻す取引ができなかったのは力不足でした。

 

クロスマーケティングはこのところ寄り天でじわじわ下落するパターンが続いている感じ。

620円台から上に上がりませんが、下がりもしないので保有

もう少しで四半期1Q決算発表があるため、それまでは保有

 

ぷらっとでは連敗中。

一回だけ利益確定できましたが、それ以外は損切り。所謂落ちている途中のナイフを掴んで怪我している状態ですね。

下落相場ではほとんどの銘柄がこんな下げをするとしたらかなり厳しいですね。

さて、精進精進!

 

 

・本日の結果

 

ぷらっとホーム −300

5/2アップル・アエリア・ぷらっと

一日の振り返り

 

今日の売買銘柄はタイトルの通り、アップル・アエリア・ぷらっとホームでした。

 

アエリアは決算までホールドの予定でしたが、思ったより下がり、損失を出すかと不安になったため、前場で売却。結果的には売ったところが本日の底で、その後上昇。

売却価格より高い価格で買い直し。

アエリアは前にも短期的な高値で売れず、下落したところでの売却。幸いにも購入化価格がそれ以上に安かったため、なんとか利益に。

アエリアの売買は下手だな、と振り返っていましたが、感情的な原因は「期待のしすぎ」でした。

株価には波がありますが、それを軽視して短期的な高値から更に上がると必要以上に期待していたのが良くなかったと思います。

相場がすごく良かったり、材料がなければ概ね短期的な高値からすぐに上がることは少ないので、反省です。

 

アップルは業務提携の材料で連日のストップ高に(本日は一時的に)。相場が始まってすぐに指値を入れました。買えないかも、と思っていた指値でしたが買えていました。

一旦利益確定で売却しましたが、値崩れしそうにないと感じたので改めて買い直しました。

一時は買った価格からかなり下がりましたが、引けにかけて値が上がりました。

 

ぷらっとホームは下落が続いていましたが、チャート的に反転の兆しを感じたため打診買い。

GW明けが楽しみです。

 

上記銘柄には良い感触でGWを迎えましたが、下落した場合の損切りは早めに……と一方で警戒はしています。

 

 

 

<保有銘柄>

クロスマーケティング+118

アエリア+30

アップル+0

ぷらっとホーム−2

4/28今日は売買なし

本日はホールドのみで売買はありませんでした。

昨日は下がると思っていたアエリアが下がらず、今日になって下ってしまいました。

A3のCM放映決定がIRで出たため午後に一瞬上がりましたが、その後は下がってしまいました。

決算まで持ち越すつもりですが、決算日をまたぐのはどの銘柄でも一定ギャンブル要素がある気がします。

 

16時にアリスマティック完全子会社化のIR。本当に材料の出し方がうまい、というより戦略的な印象です。

PTSでも値上がりしている様子。月曜日の値動きが楽しみです。

 

ところでTwitterで同じ時期、同じような資産から始めて自分より大きく資産を増やしている方のツイートを見かけました。

悔しいと思う反面、自分の力不足を感じてもっと頑張ろうと気合が入りました。

 

<投資メモ>

銘柄選びで業績の良い、勢いのある会社を選ぶのは下落の確率を下げ上昇の確率を上げる土台的な考え方。

タイミングを選ぶのは日々の変動で負ける確率を減らす方法。 

株価が上がる確率を増やし、下がる確率を減らす手順を経ても予測できないことも起こるもの。

その場面で大きく資産を減らさないために逆指値で準備しておく。

シンプルなことだけど、それぞれの基準で何が良いかを判断するための知識や経験は積み上げていく他ないのかなと感じます。

 

理想はこれから上がっていく銘柄を事前に発見して、自分で上がる根拠を見つけて、それを信じてホールドできること。

 

4/26ぷらっとホーム反発

1日の振り返り

 

昨夜のPTSから上がっていましたが、ぷらっとホームが反発しました。

朝の段階で3180まで上りました。そこから株価がほぼ動かなくなり、かなり迷いました。この流れだと上がると思ったものの、値動きが硬直すると下落のリスクも高まるのでは?と考えて売却。

昼頃に3300台の高値をつけたあとは下がり、一時は3000台に。

3300の時間帯に株価をチェックして後悔しました。その後下落したので判断は間違っていなかったかなと思ったのですが、最終的には3100台で終了し、気持ち的に振り回されただけといった感じでした。

 

本日は騰がった銘柄ばかりで何を購入していいか判断に迷い、結局反落したアエリアを買い戻ししました。

上げている状況に強くないのは課題ですね。

 

アエリア自体は今日は下がると思っていてその通りの展開でしたが行動できず……。

9時台で売って昼頃に買い直せばよかったと思いますが、まだまだですね。

5月15日が決算発表とのことですが、通期では四季報や会社の売上予想を超えるのではないかと考えています。

ただし期待感がかなり高まっているので決算発表に市場は必要以上に反応する可能性も考えられるので決算日に持ち越すなら逆指値は必須かなと思います。

逆に大きく下落するようであれば買いのチャンスとなる気もします。

 

クロスマーケティングは上方修正の翌日に400円台でエイヤッと買って買値から下げることなく上昇。エイヤッといけた根拠はチャートの形。いわゆる保ち合い上放れの形だったため。

業績は良いし、安定的に成長しそうなイメージなのですが、ここ最近は値動きが停滞しておりどうしようかと考え中です。

一方で含み益があるから少しチャレンジングな売買ができている部分もあるのですぐには手放さないと思います……一応。

 

 昨日上場したアセンテックは9時台で6000円ほどでした。確認前に5600円台の値がついていたのを見てその安値で買いたいと思ったのですが、完全にタイミングを逃していました。注目のIPOだと勢いで上がる傾向があるのですが、勢い良く下落するリスクもあるのでほんとに勇気が必要です。

結果的には7000手前で終了し、気持ち的にはやっぱりと思いますが行動できなかったので未熟さを感じただけでした(笑)

 

上がる可能性が高いと考えた場合の戦略としては、許容額を決めてから買い→逆指値の設定で問題ないと思うのですがいざ値動きを目の前にするとうまく行かないのは経験不足かな、と。

 

ただし資金量がないため、どちらにしても買うことはできなかったのですが(^_^;)

 明日から2〜3日上がり8500は超える気がします。

もし明日下がったとすれば下がり幅にもよりますが買いを検討したいですね。

エルテスやグレイス、テモナなどと同じような値動きをする気がします。

根拠があるわけではなく、完全に私見ですが。

 

本日の結果

<決済>

ぷらっとホーム+125

 

<購入>

アエリア

 

<保有株含み損益>

アエリア+340

クロスマーケティング+116